開発環境の構築について

新しいMBPの環境構築の続き。

今回は開発環境周りの構築。

Command Line Tools for XCode

とりあえずこれがないと、いろんなことができないのでインストール。
XCodeをインストールすると自動的に入るツールではあるけれど、XCode自体がとても重いので、iOSとかの開発をしないのであればできるだけ入れたくない。
今後どうなるかわからないけど、一旦私はCommand Line Toolsのみをインストールすることにした。

インストール方法

https://developer.apple.com/download/more/ このページに入ってAppleIDとかを入力するとツールのリストが表示される。
左側の「Search Downloads」というところに「Command Line Tools」と入力するといくつか候補が表示されるのでMacOSのバージョンに合ったものを選択。
ダウンロードしたらそれを開いてインストールすれば完了。

Homebrew

とりあえず https://brew.sh/ このサイトに書いてあるとおりやる。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

これをiTermで実行すればインストールされる。

調べてるとこのあとパスの設定を変えるとか色々情報出てくるけど、今回入れたときには自動で書き換わっていたようなので、とりあえずスルー。
なにか問題が起きたときにやる。

zsh

zshなんて重いものを…と知人に言われたこともあるのだけど、やっぱり私はzshが好き。
ただし、Oh My Zsh テメーはダメだ。

zshのインストールには先程インストールしたhomebrewを使う。

$ brew install zsh

これだけ。

ログインシェル設定

/etc/shellsにzshのパスを書き込む。
zshのパスは

$ which zsh

で確認できる。
(このとき、/usr/local/bin/ 以下にない場合は前述のHomebrewのパスが通っていない可能性がある。)

$ sudo cp /etc/shells /etc/shells.org
$ sudo vi /etc/shells

あとは最後の行に追記するだけ。

$ sudo $(which zsh) >> /etc/shells

とかできればよいのだけど、sudoではリダイレクト書き込みができないらしい。
なんか方法ないのかな…

と思って探したらあった。
manに書いてあった。

To make a usage listing of the directories in the /home partition. Note that this runs the commands in a sub-shell to make the cd and file redirection work.
$ sudo sh -c “cd /home ; du -s * | sort -rn > USAGE”

man sudo

とのことで。sh -cの中に書いてしまえば動く。

$ sudo sh -c 'echo $(which zsh) >> /etc/shells'

これだと、zshのパスを覚えておいたり、コピーしておく必要もない。
楽できるところは楽する。

あとは、

$ chsh -s $(which zsh)

を実行したあとにiTermを再起動したらzshが最初から起動するようになる。

.zshrc

この辺はもともと設定しているものがあるので、そのあたりからコピーする。
書き終わったら、

$ source ~/.zshrc

で読み込ませる。

node.js

開発でnode.jsを使うことはあまりないのだけど、npm-scriptsを使っているのでインストールしておく。

$ brew install node

PHP

WordPressの開発はVCCW上で作業するが、その他の作業についてはローカルでPHPを起動した状態で行うので、設定しておく。

$ brew search php

を実行すると、brewに設定されているPHPの種類が表示されるので好きな物を。
現時点で7系は7.1と7.2のみかな?

$ brew install php@7.2

これでOK

とりあえず今回はここまで

あんまり長いとあれなのでここで一旦区切り。
あとインストールするのは個別のソフトだったりするので、他に必要になったらまた記事書きます。

MacBookProの環境設定

新しいMBPが届いたので環境設定をしながらメモ

まずやること

操作性が悪いとストレスなのでまず最優先でやるのが、

トラックパッドの設定変更

設定は、[システム環境設定]→[トラックパッド]からできる

ポイントとクリック
  • 「調べる&データ検出」をオフに
  • 「副ボタンのクリック」を「右下隅をクリック」に変更
スクロールとズーム
  • 「スマートズーム」をオフに

とりあえずこれさえやっておけば右クリックができなくてストレスを感じることはない。
(もちろん、2本指タップであることを理解はしているけども)

Dockから不要なものを削除

マップとか、リマインダとか普段使わないものは軒並み削除
MBPではiTunesも基本的には表示しておかない。

Dockのサイズを最小に

小さいことはいいことだ。

Dockの拡大率はそこそこに

過ぎたるは及ばざるが如し

Dockを自動的に表示/非表示

MBPは表示領域に限りがあるので、私はこの設定をONにしています。
古くなったりちょっと重い作業をしているとうまく動かなくなるのが玉に瑕

とりあえず入れるもの

GoogleChrome

WindowsにおけるIEのように、MacにおけるSafariはChromeのダウンロード専用ブラウザである。

Google日本語入力

Chromeの最初のお仕事はGoogle日本語入力のダウンロード

Alfred

Spotlightで十分って人もいるだろうけど、私はやっぱりAlfred。彼がいないと仕事の効率が悪すぎる。

iTerm2

ある程度作業終わったらあとはコマンドラインを使うので、まずは入れておかねば…
zshとかの設定もしなきゃいけないけど、とりあえず入れて自身の設定だけ

ここまで入れたら少し環境設定

入力ソースの設定変更

初回設定時の設定にもよるが、基本的に標準の日本語と英字ソースが登録されている入力ソースに、Google日本語入力を追加して、標準の入力ソースを除外する。

[システム環境設定]→[キーボード]→[入力ソース]

で設定画面を開いても良いが、右上の入力ソースをクリックして表示されるメニューから選択したほうが断然早い。
以前は標準の英数ソースを除外するには面倒なことがあった気がするけど、今回はすんなりやれた。

Spotlightのショートカットを停止

次にやる、入力切替ボタンのショートカットや、Alfredのショートカットと被るので、ショートカットを解除する。

[システム環境設定]→[キーボード]→[ショートカット]→[Spotlight]

のチェックを外す。

キーボード設定画面(Spotlight)

入力切替ボタンの設定変更

宗教上の理由により、US(米国)キーボードを使用しているので、かな/英数切り替えボタンがない。

標準では⌃+spaceで切り替わるように設定されているが、
[システム環境設定]→[キーボード]→[ショートカット]→[入力ソース]
で変更できる。

これを⌘+Spaceに変更
特に理由はないけど、最初っからそうしていたので体がもうそれになれいている。

キーボード設定画面(入力ソース)

iTerm2の設定

iTerm2の設定なんてたかが知れているけど一応リストアップ

Apperance

GeneralのStatus bar locationをBottomに

Profiles

とりあえず新しく作成
そちらをデフォルトに変更

WindowのTransparencyを好みの量に上げたり、Blurを有効化したり。
あとは、起動時のウィンドウサイズを上げるとか、フォント設定を変更するとか。

今回まだRictyを入れていないのでフォントは変えてない。

KeysからHotkey設定をするのも忘れずに。
私は++SpaceでiTermがアクティブになるように設定している。

次は…

zshとかコマンドライン周りの設定になるからとりあえず別の記事にしようかね。

whoisコマンドからレジストラ情報を取得してあれこれ

昼に、Facebookを見ていたらこんな記事が。
特別できることが無いので手も足も出ないと言ったところ。
“whoisコマンドからレジストラ情報を取得してあれこれ” の続きを読む

Twitterのアプリ連携解除方法

少し前から所謂スパムアプリというものが、Twitter界隈でも幅を利かせている。
とは言え、それもユーザがスパムアプリとの連携してしまうのが原因なわけで厳しいことを言えば、不要なアプリや必要のないアプリ、怪しいアプリの連携を簡単にしなければ良い話なのである。

しかしながら、連携してしまったものは仕方がない。
解除すれば周りに迷惑をかける可能性も少なくなるだろう。

“Twitterのアプリ連携解除方法” の続きを読む