Sublime text2にFTPプラグインを入れてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今ブログのテンプレートを作成しているのですが、主にSublime text2を利用しています。

アップロードではFileZillaを使っているのですが、非常に面倒くさい。
その点、Dreamweaverとか使っちゃおうかなと思うのですが、やっぱりSublime text2に”恋に落ち”ちゃってるわけで。
浮気もしたくないほどに。

インストール!

恋に落ちるほど見えなくなる部分もあるわけで、それが悪い部分ばかりであれば良いのかもしれませんが、良い部分も見えなくなっていしまっていましたわけで。
Sublime text2の特徴は多種多様なプラグインなわけで。

そこで、”Shift+Ctrl+P”そしてFTPで検索。
そして、目についたのが”SFTP”。

えーい
と入れてみました。

ら、Package Control Messagesが表示されます。

まぁ使い方などが書いてあります。
閉じてしまって良いです。
あとで見返したいときは、
(Sublime Text 2保存フォルダ)\Packages\SFTP\messages\install.txt
に保存してあります。

使ってみよう!

さて、使い方なわけですがftpを利用したいフォルダを左のサイドバーから選択して、右クリックをします。
そこで開くメニューから”SFTP/FTP”→”Map to remote…”を選択。

すると、選択したフォルダの中に”sftp-config.json”というファイルが作成されます。
これが、ftpの設定ファイルです。

ここに設定を書いていくわけです。
それぞれの設定の説明を書いていきます。

設定内容

項目 説明
type sftpかftpを選択します。
save_before_upload アップロード前に未保存のものを保存するか。
upload_on_save 保存後に自動アップロードするか。
sync_down_on_open  
sync_skip_deletes  
confirm_downloads ファイルダウンロードするときに尋ねるか。
confirm_sync 接続するときに尋ねるか。
confirm_overwrite_newer  
host サーバホスト名
user ユーザ名
password ログインパスワード。記述していない場合毎回確認を行い、記述されている場合は自動ログイン。
port 接続ポート番号。デフォルトは22番ポート
remote_path 接続するディレクトリ
ignore_regexes アップロードしないファイル。正規表現で記述する。JSONと正規表現の双方でエスケープを考慮する必要がある。
file_permissions サーバ上でファイルを作成する際のパーミッション設定。
dir_permissions サーバ上でディレクトリを作成する際のパーミッション設定。
extra_list_connections  
connect_timeout タイムアウトまでの時間(単位:秒)。
keepalive 接続を継続する時間。
ftp_passive_mode パッシブモードで接続するか。
ssh_key_file SFTPで接続する際の秘密鍵の場所。
sftp_flags  
preserve_modification_times  
remote_time_offset_in_hours ローカルとサーバの時間差。設定しない場合は自動決定される。
remote_encoding サーバーの文字エンコーディング
remote_locale  

これを元に設定を行なってください。
デフォルト値はhttp://wbond.net/sublime_packages/sftp/settingsここからご確認ください。

この設定を行うとFTPを使用することができます。

みなさんもSFTPを味方につけて、Sublime text2とラブラブライフを!

“Sublime text2にFTPプラグインを入れてみた。” への2件のフィードバック

  1. […] Spicadots Blogさんのエントリに詳しい設定内容が説明されています。 Sublime text2にFTPプラグインを入れてみた。 | Spicadots Blog […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です